配 管 劣 化 診 断
給排水配管や空調配管を使用しながら、劣化状況を最新の非破壊検査技術で調査・診断致します。

デジタル放射線検査システム(FCR装置)

従来のフィルムに替わり「工業用イメージングプレート(IP)」を使用して撮影し、専用の読取装置にて画像情報をデジタル化します。デジタル化されたこの画像は非常に解像度が高く、アナログに比べ1000倍の情報量を得られるため、配管内部の劣化診断においては、堆積物の有無(閉塞率)や腐食状況(浸食率)を求めることが可能となり、そのデータを分析することで配管の余寿命診断が可能となりました。

メリット

・配管の保温材を外さずに調査できる。
・断水せずに調査ができる。
・赤水発生の心配が要らない。
・デジタル画像で内部の腐食、減肉状況がはっきりとわかる。
・1箇所あたりのコストが低く、給排水・空調の全系統を診断が比較的容易。
・1日で10系統以上の検査も可能。
・減肉の状況から余寿命の診断が可能。

デメリット

・配管内の状況を肉眼で確認することはできない。
・配管サイズに限界がある(125φ程度迄、分析が可能)


超音波連続探傷システム(フェイズドアレイ装置)

調査対象の配管に特殊な探触子をセットし、配管表面全面を高速でスキャンすることが可能です。従来の探傷法では1つの振動子で一点一点を手動でスキャンしていましたが、ファイズドアレイ装置では64の振動子で広域60mm幅をセミオートにより一度にスキャンすることが可能となりました。取り込んだデータはカラー画像の「腐食マップ」にて定量的に表示できます。「FCR装置」では読み取れない管径150mm以上の配管も調査、診断が可能となります。

メリット

・最大スキャン速度100ミリ/秒の高速スキャンが可能。
・断水せずに調査ができる。
・赤水発生の心配が要らない。
・デジタル画像で内部の腐食、減肉状況がはっきりとわかる。
・1箇所あたりのコストが低く、給排水・空調の全系統を診断が比較的容易。
・腐食マッピング機能で減肉程度をカラー表示。
・データ処理により、腐食部分の数値表示も可能。

デメリット

・配管内の状況を肉眼で確認することはできない。
・配管の保温材は外さなければならない。
・測定場所によって、連続探傷のできない場所がある。
(高温、嫌水等は要確認、点測に変更)


トップページ会社概要非破壊検査|配管劣化診断|コンクリート埋設物調査土木お問い合わせ

(社)日本溶接協会CIW認定会社/株式会社 札幌工業検査 〒003-0872 札幌市白石区米里二条二丁目3番21号 TEL.011-879-6366 FAX.011-875-6233
COPYRIGHT(C)株式会社 札幌工業検査 ALL RIGHTS RESERVED.